sto(シュトー)|【青森県青森市】リフォーム・左官・土間・タイル・外構工事の「左風雅」

sto(シュトー)

世界シェアNO.1の左官材

stoは1835年にドイツのヴァイツェンにて石灰セメントを製造する工場として創業し、1955年には樹脂プラスターを最初に開発した優れた技術を有する伝統ある会社です。
1964年には湿式外断熱工法と呼ばれる複合断熱システムを世界で初めて開発し、複合断熱システム業界で世界トップレベルの地位を築いています。
内外装の仕上げプラスターや床材、天井材、コンクリート補修材など幅広い住宅材を開発しており、欧州はもとより、北米、東南アジアで販売エリアを拡大し、世界90ヶ国以上で使用実績を持つ、世界的な信頼があるメーカーです。

stoの特徴

スッキリ美しい仕上がり

目地がないスッキリとした美しい仕上がりが実現できるのが魅力です。
質感にも優れ、温かみのある左官仕上げができます。
質感のある温かみの感じられる左官材なので、小川のせせらぎや印象的な点描をはじめ、フリースタイルでスタイリッシュなデザインが実現できます。

ひび割れが少ない

水性のアクリル樹脂が入ったドイツの漆喰は透湿性や耐候性に優れ、品質が安定しているため、塗り壁につきもののひび割れの心配が少ないのも魅力です。
美しい状態を長くキープできるので、一戸建てをはじめ、アパートや店舗の外装にもおすすめです。

汚れにくい

雨と一緒に汚れを洗い流せる撥水作用があり、ロータス効果によって水滴が汚れの粒子を取り込みながら落ちていく自己洗浄能力を有しています。
汚れにくいうえ、雨で洗い流されるのでメンテナンスフリーで低コストです。

豊富なカラーバリエーション

sto独自のカラーシステムは黄・オレンジ・赤・紫・青・緑の6つのパートを基調とし、24のベーシックトーンから成るカラーホイールを用意しています。
カラーホイールを通じて厳密な色彩理論にもとづいた、良い印象をもたらすカラー選びができます。
印象に優れ、建物の周囲・自然との調和したカラーデザインが実現できるのが魅力です。

通気性と断熱性どちらかから選べる工法

sto通気工法システム

sto下地工法は目的に合わせて2種類から選べます。
通気性をより重視したsto通気工法システムは冬場や梅雨時期の結露の抑制に優れているほか、直射日光によって外壁から伝わる熱を通気層で遮断できるため、夏場の気温上昇を抑え省エネ性能にも優れています。

sto外断熱工法システム

断熱性能を重視したsto外断熱工法システムは外断熱に優れた断熱材で、躯体の蓄熱作用を最大限に引き出し、省エネ作用をもたらしてくれます。
水蒸気の透過性にも優れているため、湿気を外へと排出し快適な空間を保つのにも効果的です。

ページの先頭へ